肌トラブルの予防的メモ

毎年、梅雨といえばカビを思い浮かべる方も多

毎年、梅雨といえばカビを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

高温多湿な季節は、私達の肌に日頃から存在している菌も当然、増えてしまいます。



真菌の中にマラセチア菌というものがありますが、この菌が引き起こすとされる皮膚病に「でん風」というものがありますが、体の色々なところに発症します。
でん風の中には、一般的なシミとそっくりで茶色をしているものや、そこだけ色が抜けたように真っ白になってしまう場合もあります。

ただのシミと思わずに、よく観察してみましょう。少しでも気になることがあるようなら、皮膚科へ行き、医師に相談すると良いですよ。
ご存じないかもしれないですが、顔の他で、ニキビが可能でやすいのはなんと背中なんです。背中は自分で見えないため、背中にニキビが可能でてしまっても、気づけない場合があります。
しかし、背中のニキビでもケアをきちんとしないと跡になってしまうかもしれません、注意して下さい。昔からニキビの跡としてよくある例が、クレーターのような肌のくぼみや肌の黒ずみといった悩みです。

クレーターの悩みはきちんと皮膚科で治療をうけないとなくすことはできませんが、肌の黒ずみの問題は美白化粧品を使って少しずつ薄くするという方法もあるのです。

40歳を過ぎてからのしわ防止について、多数の方が悩んでいらっしゃるようです。



肌が乾燥したままだと、しわが可能でる大きな要因となるでしょう。クレンジング後にコットンに化粧水を含み込ませて、パタパタとパッティングするというのも良いのですが、力を入れすぎると、逆に、しわが増える原因ともなるのです。


化粧水は適量をコットンにとって、そっとパッティングする方法が良いと言われています。甘いものはつい食べてしまいがちですが、要注意です。
糖質の摂りすぎは、お肌のくすみを引き起こします。
糖分とタンパク質が結合することで、老化が加速してしまう糖化物質が生み出されるのです。お肌のコラーゲンが糖と結合することで、いわゆる黄ぐすみになったり、シミやしわ、たるみが生じたりする事態になってしまうでしょう。


頻繁に顔を洗って肌の皮脂が足りていない状態になると、足りていない皮脂を補おうとたくさん出すようになります。


度を越えた洗顔をすると、乾燥状態にもなり、より一層多くの皮脂を出してしまいますから、適度の洗顔回数にして下さい。

洗顔をした後は化粧水でたっぷりと水分補給を忘れないでおこなうことが大切です。肌を美しくすることとウォーキングは全く関わりないことのように感じられますが、実際は相当深く関係しています。
姿勢を正しくしてウォーキングすると、お肌へ流れる血流がスムーズになるので、代謝が活発になり肌が美しくなれますし、成人病と呼ばれる高血圧や動脈硬化などにならないためにも効果がでています。
元々、基礎化粧品を使用するのは当たり前ですが、どうせならばエイジングケアの化粧品を使うほうが良いと考え、最近、基礎化粧品を変えることにしました。

やはり、自分の年齢に合っている化粧品だったようで、使ってみたら肌の色艶やハリなどが全く異なり化粧のノリも凄くよくなり、これだったら早くから使っておくべきだったと少し後悔しています。こんがりと小麦色に焼けた肌は健康的な色気を演出するのに効果的ではあるものの、あまり日焼けすると、シミの原因にもなれば思っている女性も少なくありません。シミを避けるのだったら、できるだけ肌を焼かないように気をつけましょう。
顔にシミが出来ないようにするコツは、日焼け止めを入念に塗ること、あとは、帰宅してからのケア。
速やかにローションなどでお肌が炎症を起こすのを軽減指せましょう。肌のお手入れをしないと、どうなるかというと、多くの人は肌が荒れることを想像するのではないかと思うのですが、実際はまったく別で意外に肌は綺麗になります。化粧をするということは肌に負担をかけるので、それをすべて取り除いてワセリンを塗るのみにするのが1番優しいスキンケア(実は、体調や季節などによって、使う基礎化粧品も変えた方がいいといわれています)だと言えます。
Copyright (C) 2014 肌トラブルの予防的メモ All Rights Reserved.